チョイス 2017-11-21

体絞ればおしゃれも決まる? アパレルがスポーツジム など

choice_header

マーケティング・テクノロジー
工具卸問屋が女子に人気のDIY会社になったワケ
出典: 日経ビジネスオンライン

ひとむかし前は、プロフィールの趣味の欄に「日曜大工」と書いていた方がいらっしゃいましたが、今はそれを「DIY」と表現するようになりました。
リンク先:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16nv/040100005/110900039/

マーケティング・テクノロジー
ハッシュタグだけでインスタ上でユーズド販売ができるツール登場
出典: MODALAVA株式会社 プレスリリース

2017年8月(東京)インフルエンサーとフォロワーの関係性に着目した今まであるようでなかったユーズド品(古着)販売サービスMODALAVA SHOP(モダラバショップ)をMODALAVA株式会社が新しく開設しました。
リンク先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029337.html

マーケティング・テクノロジー
体絞ればおしゃれも決まる? アパレルがスポーツジム ジュンなど、五輪に向けた「アスレジャー」人気当て込む
出典: NIKKEI STYLE

TSIホールディングス、ジュン(東京・港)などアパレル企業がフィットネス施設に相次ぎ参入している。ファッションとスポーツを組み合わせた「アスレジャー」に着目。実際に体を動かす場で独自のスタイルを提案することで、不振の続く衣料品の売り上げ増につなげる。2020年東京五輪・パラリンピックに向けてアスレジャーの人気はさらに盛り上がる見通しで、新たなビジネスモデルとして定着する可能性がある。
リンク先:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22656340U7A021C1TJ1001?channel=DF220420167266

マーケティング・テクノロジー
ARKit、ARCoreで普及するAR!AR広告市場も普及なるか?
出典: VR Inside

「AR」に限らず、ある市場が広がっていけば、当然、企業側から消費者側への伝達手段として、「広告」が求められるようになる。当然、「AR」も例外ではない。そこでこの記事では、「AR」技術を使った広告サービスや、「AR」技術によって実現した広告事例についてご紹介したい。
リンク先:https://vrinside.jp/news/ar-advirtise/

マーケティング・テクノロジー
Amazonはそのインフルエンサープログラムを、YouTubeに加えてTwitterとInstagramにも拡大する
出典: TechCrunch Japan

Amazonは先週の木曜日に、そのインフルエンサープログラムを、YouTube以外にTwitterやInstagramも含めるように拡大すると発表した。今春の初めにベータ版が開始されたこのプログラムは、当初人気YouTuberを対象にしていた。これはAmazonアフィリエイトのような関係を通じて、自分たちのビデオで宣伝した商品からお金を稼ぐ方法を提供するプログラムだ。
リンク先:http://jp.techcrunch.com/2017/11/13/2017-11-10-amazon-expands-its-influencer-program-to-include-twitter-and-instagram-in-addition-to-youtube/

マーケティング・テクノロジー
インフルエンサー投稿を「広告活用」、靴小売DSWの考え方
出典: DIGIDAY[日本版]

靴専門の小売チェーンDSWは、デジタルマーケティング予算の大半を投じて、自社のインフルエンサーマーケティング戦略の標準化に取り組んでいる。
リンク先:http://digiday.jp/brands/shoe-retailer-dsw-turning-influencer-content-ads/

マーケティング・テクノロジー
sMedioとトーハン、顔認識AI技術を活用した「AI書店員」の実証実験サービスを開始
出典: IoT NEWS

株式会社sMedioは株式会社トーハンと共同で、カメラ映像からその人の「性別」「年代」「表情」を推定し、お薦めの本を選定する技術「AI書店員」を開発し、2017年11月6日よりブックファースト新宿店において実証実験サービスを開始した。
リンク先:https://iotnews.jp/archives/74730

コンテンツ・テクノロジー
誰でもVR/ARコンテンツを制作できる『Mirra』ベータ版が公開
出典: Mogura VR

VR/ARコンテンツの制作経験のない初心者でもコンテンツを制作できるプラットフォーム『Mirra』が登場しました。UnityやUnreal Engineなどの専用ツールの知識を必要とせずに、独自のVR/ARコンテンツを手軽に制作することができます。
リンク先:http://www.moguravr.com/mirra-vr-ar/

コンテンツ・テクノロジー
クックパッド/料理動画に参入、ユニー、マルエツなど11社と連携
出典: 流通ニュース

クックパッドは12月、更なるサービスの充実を目的とし、料理動画事業に本格参入する。新サービス第1弾として12月1日より、各流通チェーンの販売計画と連動した料理動画の配信を行う「cookpad storeTV(クックパッド ストアティービー)」の展開を開始する。
リンク先:https://ryutsuu.biz/it/j110920.html

ファイナンス・テクノロジー
FinTech?マルウエア?無断でスマホCPU使う謎のサービス
出典: ITpro

「なぜか分からないがスマホが熱い!」。これには意外な原因があった。一見すると普通のユーティリティアプリが、裏ではCPUをフルパワーで使って仮想通貨を採掘していたのだ。
リンク先:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/110801194/?rt=nocnt

ファッションビジネス
「服を着るならこんなふうに」ユニクロとコラボ、服の悩み募集してマンガ化
出典: ニコニコニュース

縞野やえ「服を着るならこんなふうに」とユニクロによるコラボ企画が、本日11月14日にスタートした。2018年5月13日までの期間限定で、ユニクロアプリではアクセスしたユーザーに「服を着るならこんなふうに」を毎日1話ずつ無料公開。また「服を着るならこんなふうに」に関連したメンズ商品やスタイリングはアプリ内で紹介されるため、気になったコーディネートはアプリ内ですぐにチェック可能だ。
リンク先:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3067842

ファッションビジネス
エアークローゼットの新事業『pickss』が一挙16ブランドで拡大へ
出典: 株式会社エアークローゼット プレスリリース

株式会社エアークローゼット(本社:東京都、代表取締役社長 兼 CEO:天沼 聰)の新事業、ファッションスタイリングサービス『pickss(ピックス)』が、本日第一弾参画ストアブランドである「UNITED ARROWS」に加えて新たに15アパレルブランドを迎え、16ブランドに拡大して販売を再開します。
リンク先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000011623.html

ファッションビジネス
データが変える、オンライン・ファッション販売の世界:パーソナル・スタイリスト台頭の背景
出典: DIGIDAY[日本版]

顧客の好みに合わせてオススメの服やアクセサリーを配送する、スティッチフィックス(Stitch Fix)。同社では、レコメンデーション・アルゴリズムを管理するデータサイエンス部門は、商品企画部門から完全に独立している。
リンク先:http://digiday.jp/brands/data-changing-model-modern-merchandiser/

ニュービジネス
中古リノベに家具のコーディネートまで。インテリアショップとのコラボで住まい選びを新しくする「meetsプロジェクト」とは
出典: LIFULL HOME’S PRESS

2016年、初めて首都圏における中古マンション成約数が新築マンションの供給戸数を追い抜いた。
リンク先:https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00602/

小売・流通
イズミ/タブレット付きショッピングカート導入
出典: 流通ニュース

イズミとマーケティング・グラビティは11月10日、イズミのショッピングセンター「LECT(レクト、広島県広島市)」、「ゆめタウン廿日市(広島県廿日市市)で、マーケティング・グラビティが運営するタブレット付きショッピングカート「ショピモ」のサービス提供を開始した。
リンク先:https://ryutsuu.biz/it/j111503.html

小売・流通
倉庫からラストワンマイルまで。「物流×ロボット」大革命
出典: ニュースイッチ

社会システムを一人の人間に例えるなら、物流は企業や家庭に栄養を運ぶ動脈に当たる。いま日本の物流現場では深刻な人手不足から“動脈硬化”に陥っている。解決策としてロボット技術や人工知能(AI)の導入が期待される。法制度の整備やクリアすべき技術的課題もあるものの、さまざまなタイプのロボットが現場に投入されつつある。
リンク先:https://newswitch.jp/p/11008?from=top

小売・流通
イケアに対抗? アマゾンが家具のプライベートブランドを立ち上げ
出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

アマゾンは新たに「リベット(Rivet)」と「ストーン&ビーム(Stone & Beam)」という2つの家具ブランドを立ち上げた。リベットはミッドセンチュリーモダンにインスパイアされたブランドで、ストーン&ビームは家族向けの快適さと耐久性を兼ね備えたブランドだ。
リンク先:https://www.businessinsider.jp/post-107057

小売・流通
包装ゼロ。レジ袋なし。必要な分だけ買える、サステナブルな食品流通システム「MIWA」
出典: IDEAS FOR GOOD

大量生産・大量消費の時代になってから常に問題視されてきたもの。それはゴミの大量廃棄だ。例えば、私たちがスーパーで食品を購入すれば、包装パッケージや買い物袋はもちろん、食べきれなかった食材まで全てがゴミになる。こうした大量廃棄の問題に立ち向かうべく、これまでにも多くのアイデアが生まれてきた。リサイクル可能な素材を利用したパッケージの開発などはその一例だ。
リンク先:http://ideasforgood.jp/2017/11/08/miwa/

位置情報
GPSよりも正確なナビゲーション、ARアプリ「AR City」のベータ版がリリース
出典: VR Inside

出張や旅行などで初めて訪れた街では、どこに何があるのかがわからず右往左往してしまう場合が少なくない。しかし、ARを用いてバス停や駅、レストランなどの位置情報を現実世界に重ね合わせて表示できれば、ユーザーは初めて訪れた場所でも道に迷わずに済む。
リンク先:https://vrinside.jp/news/ar-city-beta/


関連記事