チョイス 2017-08-01

恐るべき「イートイン」大戦争、惣菜が日本の外食を大きく塗り替える など

choice_header

プラットフォーム・テクノロジー
アマゾン、米国で画像SNS「Spark」開始–Instagram風に商品購入へ誘導
出典: CNET Japan

Amazon.comは、画像ベースのSNS「Spark」を開始した。「Instagram」のように特定ユーザーやジャンルのフィードを閲覧したり、コメントなどで交流したりすることが可能で、画像からAmazon.comの商品ページへアクセスして該当商品を購入できる。
リンク先:https://japan.cnet.com/article/35104455/

プラットフォーム・テクノロジー
Amazonはいまや、YouTube&Facebookの好敵手?:動画能力を急速に高めるEC帝国
出典: DIGIDAY

デジタルパブリッシャーが動画事業の構築と拡大を目指す際、その大多数がYouTubeとFacebookに注目する。その一方で、この1年、パブリッシャー向けに動画配信だけでなく、初日から収益を上げる機会を提供するプラットフォームを構築しているのがAmazonだ。
リンク先:http://digiday.jp/platforms/how-amazon-is-driving-revenue-for-video-publishers-of-all-sizes/

マーケティング・テクノロジー
ライブ配信で商品販売、「メルカリ」の新機能
出典: ネットショップ担当者フォーラム

メルカリは7月6日、フリマアプリ「メルカリ」の新機能として、ライブ配信を行ながら商品を販売できる「メルカリチャネル」の提供を開始した。
リンク先:https://netshop.impress.co.jp/node/4513

マーケティング・テクノロジー
グーグルの広告ブロック施策がネット通販に与える影響は? 知っておくべきことは?
出典: ネットショップ担当者フォーラム

世界で最も大きなインターネット企業であるグーグルとアップルの2社が、広告ブロック戦略を発表しました。これは、インターネット業界の収益構造に大な影響を及ぼすでしょう。
リンク先:https://netshop.impress.co.jp/node/4568

マーケティング・テクノロジー
インスタ投稿アイテムの検索・購入アプリ「chao」登場
出典: ASCII.jp

アイエント(株)は27日、Instagramに投稿されている写真から、AI画像分析技術で自動的にファッションアイテムをサーチし、欲しいアイテムが購入できるアプリ「chao ベータ版」の提供を開始した。
リンク先:http://ascii.jp/elem/000/001/521/1521632/

デバイス・テクノロジー
8Kパネルを採用したライトフィールド型立体視液晶が国内初公開
出典: PC Watch

株式会社ジャパンディスプレイおよびNHKメディアテクノロジーは12日、都内で記者会見を開催し、2社が共同で開発し、5月19日に発表した8Kディスプレイをベースとした17型のライトフィールド立体視ディスプレイのプロトタイプを国内で初めて公開した。
リンク先:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1070225.html

デバイス・テクノロジー
LINE、人の指示を理解するスピーカ―「WAVE」発売
出典: ITmedia ビジネスオンライン

LINEが、スマートスピーカ―「WAVE」の先行体験版の予約受付を開始した。音声認識や自然言語処理に特化した人工知能の「Clova」を搭載し、音声での操作や会話ができる点が特徴。
リンク先:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/14/news104.html

デバイス・テクノロジー
ARKitを使うデベロッパーが家具配置アプリを開発
出典: VR Inside

Appleが先日のWWDC 2017で発表したARプラットフォームARKit。これがあれば、iPhoneやiPadといったiOS搭載端末でARが利用できるようになる。デベロッパーの間ではこのARKitを使ったARアプリの開発が流行となっており、デモ動画が多数公開されている。
リンク先:http://vrinside.jp/news/furniture-app-with-arkit-developed-by-dev/

コンテンツ・テクノロジー
ジャパン・カレント、Instagramの写真をAIで解析するサービス
出典: マイナビニュース

ラックの子会社であるジャパン・カレントは7月18日、Instagramの投稿写真に含まれる多くの情報をAI(人工知能)によって解析し、商品やサービスの消費動向やSNS上のトレンドを可視化するSNS画像解析サービスを提供開始した。
リンク先:http://news.mynavi.jp/news/2017/07/19/123/

コンテンツ・テクノロジー
「インスタ投稿でお金が稼げる」新サービス開始。SNS映えをAI判定、高スコア写真を収益化
出典: Engadget 日本版<

「Instagramに”SNS映えする”写真を投稿するだけでお金が稼げる」ーーそんなサービスの提供をSNAPLACEが開始しました。
リンク先:http://japanese.engadget.com/2017/07/24/sns-ai/

ファイナンス・テクノロジー
米アマゾン、中小向けの「金融」でも存在感
出典: 日本経済新聞

ネット小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムが、「金融」の分野でも存在感を高めている。2011年に始めた中小事業者向けの融資総額がこのほど30億ドル(約3300億円)に達し、対象企業も2万社にまで膨らんでいる。
リンク先:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO1860476007072017X17000/

小売・流通
あなたもラオウやドロンジョ様に!『デザインフェイスパック』を無料で試してみた!~東京ソラマチ~
出典: ガジェット通信

一心堂本舗が東京スカイツリータウンの東京ソラマチでポップアップショップを開店、「デザインフェイスパック」なるものをお試しできるとのことなので、取材した。
リンク先:http://getnews.jp/archives/1301827/gate

小売・流通
恐るべき「イートイン」大戦争、惣菜が日本の外食を大きく塗り替える
出典: ビジネス+IT

いま、弁当やおにぎり、サンドイッチなど「惣菜を制する者が、小売業界を制する」と言われている。惣菜市場は近年、外食産業をはるかに超える成長ぶりを見せており、2017年には10兆円を超える見込みだ。
リンク先:http://www.sbbit.jp/article/cont1/33782

小売・流通
カートASP「MakeShop」、2016年の流通総額が過去最高の1,441億円に アパレルが伸長
出典: ECzine

カートASP「MakeShop」を運営するGMOメイクショップは、2016年1月~2016年12月のMakeShopの全ネットショップにおける年間総流通額が過去最高の1,441億円に達したと発表。
リンク先:http://eczine.jp/news/detail/4842

小売・流通
ヨドバシカメラ/ネット注文・店舗受け取り専用ショップ開設
出典: 流通ニュース

ヨドバシカメラは7月14日、ヨドバシ梅田1階に「ネットで注文・店舗で受け取りサービス」専用ショップを試験的に開設した。
リンク先:https://ryutsuu.biz/topix/j071411.html

小売・流通
アマゾン、食材キット宅配で商標登録
出典: CNET Japan

オンライン小売大手のAmazonは、食品を販売するだけにとどまらず、消費者が家で料理を作る手助けもしたいと考えているようだ。Amazonは、Blue Apron、HelloFresh、Platedと同様の新しい食材キット宅配サービスで商標を登録した。
リンク先:https://japan.cnet.com/article/35104342/

小売・流通
良品計画/家具専門店「イデー」を吸収合併
出典: 流通ニュース

良品計画は7月19日、100%子会社で家具ブランド「イデー」を展開するイデーを吸収合併すると発表した。
リンク先:https://ryutsuu.biz/strategy/j071917.html

小売・流通
高級メンズウェア市場が活況、ソーシャルの普及が後押し
出典: DIGIDAY

高級メンズウェアは歴史的にレディースウェアの引き立て役だったが、昨今、この業界は大きな成長を見せており、男性の着こなしやスタイルを試す方法に文化的転換が生まれている。
リンク先:http://digiday.jp/brands/social-media-driving-growth-luxury-menswear-market/

小売・流通
16年度版 ネット通販増収率ランキング/「ゾゾ」出展企業の成長目立つ/専門商材ECは「SEO」が鍵
出典: 日流ウェブ

本紙はこのほど、6月15日号に掲載したインターネット通販売上高調査(2016年度調査)に基づき、売上規模別増収率ランキングをまとめた。年商30億円以上の企業では、アパレル企業の躍進が目立った。
リンク先:http://www.bci.co.jp/netkeizai/news/2613

小売・流通
ニトリのEC売上高(1Q)は25%増の75億円、EC化率は5%台に
出典: ネットショップ担当者フォーラム

ニトリホールディングスの2017年3~5月期(第1四半期)におけるEC売上高は、前年同期比25.0%増の75億円だった。連結売上高に占めるECの割合(EC化率)は5%。
リンク先:https://netshop.impress.co.jp/node/4548

オムニチャネル
実店舗の様子をVRで再現 遠隔地でもリアルな購買体験
出典: ITmedia ビジネスオンライン

エスキュービズム、共同印刷、タッグが、ECシステム「EC-Orange VR」を開発。実店舗の様子をVRで再現し、現地で買い物をしているような購買体験を提供できるという。
リンク先:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/24/news078.html

オムニチャネル
ECが普及してもファッション領域で「実店舗」がカギを握る理由
出典: Forbes JAPAN

アマゾン、ゾゾタウンなどにより、国内外でファッション領域におけるオンラインショッピングの普及が加速している。しかし同領域のセールスの92%は未だ実店舗での販売であり、2025年でも75%を占めると予測されることから(2016年Bain Research調べ)、実店舗は今後も重要な役割を果たしていくとみられている。
リンク先:https://forbesjapan.com/articles/detail/17044

ファッションビジネス
女性向け動画メディア「C CHANNEL」が動画ECに本格参入–第1弾はサマンサタバサ
出典: CNET Japan

女性向け縦動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは7月14日、ファッションブランド「Samantha Thavasa」を展開するサマンサタバサジャパンリミテッドと連携し、動画コマースを本格展開することを発表した。
リンク先:https://japan.cnet.com/article/35104275/

ファッションビジネス
adidasとP.S.FAがコラボレーション。スポーツエッセンスをプラスした“動ける”スーツ
出典: OPENERS

ヘルシーな生活を意識したライフスタイルや、日常的にスポーツを取り入れるビジネスパーソンが増加し、ファッションにおいてもスポーティーテイストに注目が集まっている。そんな昨今のトレンドを捉え、Perfect Suit FActory(P.S.FA)が、スポーツブランドadidasによる協力のもと展開しているのが、スポーティなニュアンスと機能性を取り入れた新感覚の「“動ける”スーツ」だ。
リンク先:http://openers.jp/news/detail?i=429

ファッションビジネス
ジェンダーニュートラルのトレンド、子供服にも影響を及ぼす
出典: DIGIDAY

ファッションブランドはこの1年で、(性別を問わない)ジェンダーニュートラルな衣料品を提供する傾向を強めており、子ども向け衣料品メーカーが追従しはじめている。
リンク先:http://digiday.jp/brands/childrens-clothing-embracing-gender-inclusivity/

シェアリング
着衣型ウェアラブルデバイスの世界標準を目指す!――老舗繊維メーカーの新たな挑戦
出典: ITmedia LifeStyle

“ミツフジ”という社名を知っている人は少ないかもしれない。しかし、この先、日本はおろか世界のウェアラブルIoT市場を席巻するかもしれない繊維メーカーだとしたらどうだろうか?
リンク先:http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1707/12/news085.html


関連記事