チョイス 2017-07-11

町のどこが混雑しているかひとめで分かる「混雑マップ」など

choice_header

プラットフォーム・テクノロジー
Amazon Alexaのスキルが15000を突破、わずか半年で倍増、競合製品を圧倒
出典: TechCrunch Japan

Amazonの音声プラットホームAlexaの‘スキル’が、15000を超えた。それらが、EchoスピーカーやEcho Dot、Echo Showなどのデバイスの上で、多彩な‘芸’を披露する。Amazonの2月の発表では10000だったが、それ自体は昨年9月に比べて3倍増だった。
リンク先:http://jp.techcrunch.com/2017/07/04/20170703amazons-alexa-passes-15000-skills-up-from-10000-in-february/

デバイス・テクノロジー
机や壁をスマホの画面に変える電球型ARガジェットが開発中
出典: MIT Tech Review

Bluetoothスピーカーや防犯カメラなど、電球ソケットに取り付けるガジェットが人気だが、自宅の机や冷蔵庫、壁をマルチタッチディスプレイを変えるデバイスが開発中だ。ARを使った未来のユーザーインターフェイスは実現するのか?
リンク先:https://www.technologyreview.jp/s/46973/augmented-reality-on-your-desk-all-you-need-is-a-lightbulb-socket/

デバイス・テクノロジー
ドローンカルチャーの発信拠点「VIEWN」がオープン
出典: DRONE

これからドローンを始めたいと考えるユーザーが、安全に正しく飛行させるための知識を気軽に得ることができ、ウェアやバッグなどを含めた「ドローンを愉しむライフスタイル=ドローンカルチャー」を発信する拠点として、2017年7月12日に「VIEWN」が東京・江東区にオープンする。
リンク先:http://www.drone.jp/news/20170706183601.html

コンテンツ・テクノロジー
Google、VRコンテンツの新フォーマット「VR180」を発表!視野を半分にすることで高画質を実現!
出典: VR Inside

GoogleがYouTubeとともにVRコンテンツの新しいフォーマット「VR180」を発表した。文字どおりビューワーの目の前だけの、180°の部分を3Dで見せるコンテンツフォーマットで、高画質360°コンテンツは難しいという問題を解決できるだけではなく、複雑で高額だったVRコンテンツ制作がより簡単で安価にできるようになる。
リンク先:http://vrinside.jp/news/google-vr180/

コンテンツ・テクノロジー
[日本初]「サイズ感がわかる」本格3Dネット試着サービスを運用開始
出典: PR TIMES

株式会社Sapeetが提供するアパレルEC向け3Dネット試着サービス「Sapeet EC tool」が、バスケットボールのユニフォームウェア販売等を展開する「VAYoreLA」上にて公開されました。
リンク先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000026498.html

コンテンツ・テクノロジー
AIが採用面接を代行、支援サービス「SHaiN」開始へ
出典: ITpro

採用支援サービスのタレントアンドアセスメント(東京・港)は2017年6月28日、人工知能(AI)による採用面接支援サービス「SHaiN(シャイン)」を発表した。8月から求人企業による優先利用申し込みの受け付けを始める。
リンク先:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062801794

コンテンツ・テクノロジー
朝日新聞、VR動画の提供を開始 「イスラム国」など、現場をより体験的に捉える
出典: Social VR Info

朝日新聞社は取材現場の様子を臨場感あふれる映像で実感できるVRスマートフォンアプリ「NewsVR」の提供を発表した。
リンク先:http://svrinfo.jp/detail?p=187914

コンテンツ・テクノロジー
良品計画、「Web 3D カタログサービス」を採用 多様な商品のカタログ掲載が可能に
出典: MarkeZine

良品計画が運営する無印良品ネットストアにおいて、リビングスタイルが提供する「Web 3D カタログサービス」が採用された。
リンク先:http://markezine.jp/article/detail/26725

コンテンツ・テクノロジー
AR化粧アプリ、MakeupPlusに新機能「COUNTER」が追加
出典: VR Inside

中国で最も有名なインターネットブランド、Meituが開発したアプリ、「MakeupPlus」を使えば、撮影したセルフィーにその場でメイクアップを施すことができるので、自撮りがより簡単に、便利に素早く行うことができるようになる。今回のアップデートでは実際に販売されているコスメを「AR試着」し、購入することが可能になった。
リンク先:http://vrinside.jp/news/ar-makeupplus-adds-counter/

コンテンツ・テクノロジー
オフィスレイアウトをVRで内覧「パターンオーダーオフィス」提供開始
出典: Mogura VR

株式会社ヒトカラメディアは、オフィスのレイアウトデザインをCGコンテンツで提供し、VR空間で内覧を可能とする「パターンオーダーオフィス」のサービス提供を開始しました。
リンク先:http://www.moguravr.com/pattern-order-office-vr/

ファイナンス・テクノロジー
Bitcoin(ビットコイン)を抜いた。Litecoin(ライトコイン)の取引量が10億ドルを超える
出典: マネーボイス

先月6月は仮想通貨市場の歴史の中で最もボラティリティが激しかった月の1つであった。しかし、7月は臆病なスタートを切ったようだ。過去24時間の市場はマイナスの傾向が見られたが、トップ10の中で1つNEMだけが5%以上変動した。仮想通貨市場は、他の市場よりもはるかに大きなボラティリティを示しているが、これらの動きは以前に比べて大幅に小さくなっている。
リンク先:http://www.mag2.com/p/money/259619

ファイナンス・テクノロジー
ビットコイン過去最高値も利用広がらず 利便性・コストに難、採用中止も (1/2ページ)
出典: SankeiBiz

仮想通貨ビットコインは今月も過去最高値を更新、価格は3000ドル近くまで上昇し、市場は熱に浮かされたようになったが、実際の利用が広がっているかといえばそれは別問題だ。決済が活発でない上に時間がかかる状況が足かせになっている。
リンク先:http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170626/mcb1706260500007-n1.htm

小売・流通
ファッションEC大手が相次ぎ物流を拡充、スタートトゥデイ、クルーズ、ロコンド
出典: ネットショップ担当者フォーラム

ファッションEC大手各社が物流の強化に乗り出している。スタートトゥデイやクルーズ、ロコンドなどが物流拠点の拡充を発表。出荷量の増加に対応するとともに、事業のさらなる拡大を見据えてフルフィルメントを強化する。
リンク先:https://netshop.impress.co.jp/node/4484

小売・流通
VRや最新IoT機器などを扱う「パソコン工房 AKIBA STARTUP」が28日にオープン
出典: AKIBA PC Hotline!

「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」をテーマにした新施設「パソコン工房 AKIBA STARTUP」が、28日(金)にオープン予定だ。
リンク先:http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1069361.html

小売・流通
生鮮品宅配、アマゾンに対抗 セブン&アイとアスクル
出典: 日本経済新聞

セブン&アイ・ホールディングスとアスクルは6日、ネット通販事業で提携すると発表した。両社の通販サイトで互いの商品を扱うほか、共同で食材の宅配事業に取り組む。
リンク先:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HNP_W7A700C1000000/

小売・流通
ロコンドが店頭向けスマホ決済とPOSの提供。取引ブランドのオムニチャネル化を支援
出典: ネットショップ担当者フォーラム

靴とファッションのECサイトを運営するロコンドは7月1日、オムニチャネル戦略の旗艦店「MANGO原宿店」に、自社開発のPOSシステム「LOCOPOS(ロコポス)」とスマホ決済システム「LOCOPAY(ロコペイ)」を導入した。
リンク先:https://netshop.impress.co.jp/node/4489

小売・流通
ニトリはなぜ「都心店」出店を加速させるのか
出典: 東洋経済オンライン

「ニトリ渋谷公園通り店」は、9フロアに及ぶ多層店舗だ。売り場面積は約1500坪と、山手線内にある都心店として最大規模。渋谷駅から徒歩6分の好立地で、ニトリの品ぞろえを結集した店舗といえる。
リンク先:http://toyokeizai.net/articles/-/178810

小売・流通
進化するポップアップストア、いまや小売業界のコア戦略:オンラインでは達成できないメリットとは?
出典: DIGIDAY

円盤形のタンポン代替品を販売するオンライン小売店「ザ・フレックス・カンパニー(The Flex Comapny)」は、ニューヨークのソーホー地区ウースター通りに初のポップアップ店をオープンさせる。
リンク先:http://digiday.jp/brands/no-longer-a-one-off-how-pop-ups-became-part-of-retailers-core-strategy/

ファッションビジネス
「FREAK’S STORE」がクリーニングの「リネット」とコラボ! アフターケアを通じて新しいライフスタイルを …
出典: PR TIMES

株式会社デイトナ・インターナショナルが運営するフリークスストアと株式会社ホワイトプラスの運営する業界初のネット完結型宅配クリーニングサービスの「リネット」は、2017年6月30日~7月31日の間、フリークス・ストアの公式ECサイト「FREAK’S STORE ONLINE」にて、お気に入りの一着を長くご愛用いただけるキャンペーン「FUN MY STYLE~お気に入りを楽しもう~」を実施します。
リンク先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000016048.html

ファッションビジネス
三井アウトレットパーク/ファッションコーディネート動画サイトを公開
出典: 流通ニュース

三井不動産商業マネジメントが運営する、三井アウトレットパーク木更津(千葉県木更津市)は6月26日、1分で気軽に観られるファッションコーディネート動画サイト「1MIN.COLLECTION」を公開する。
リンク先:https://ryutsuu.biz/topix/j062315.html

位置情報
地上から地下まで立体表示できる「2.5D地図」が登場、札幌地下街のマップを公開 ―NTTレゾナント
出典: トラベルボイス

NTTレゾナントは、同社が開発した「gooラボ地図API」を活用した「札幌地下街透過マップ」を作成し、このほど公開した。
リンク先:https://www.travelvoice.jp/20170705-92069

位置情報
町のどこが混雑しているかひとめで分かる「混雑マップ」―スマホの現在位置を収集
出典: インターネットコム

世界のさまざまな場所の混雑状況を地図上でヒートマップとして確認できるAndroidスマートフォン向けアプリケーション「混雑マップ」が公開となった。
リンク先:https://internetcom.jp/202904/congestion-map


関連記事